愛犬の健康を維持するサプリメント~愛犬が長生きする秘訣~

たくさんの犬

墓の形式

葬儀

動物はみんないつかは亡くなります。それは人間もペットも同じことです。人間の場合は80年以上生きる人もいます。しかしペットはそんなに長く生きる種類は少ないでしょう。日本人に馴染みのあるペットの犬でも10年〜15年程度寿命です。ですから、ほとんどのペットは飼っている主人よりも先に亡くなるでしょう。家族の様に可愛がってきたペットならとても悲しいですが、現在はペット霊園があります。

ペット霊園とは、字の通りペットのための霊園です。人間が亡くなった時と同じように、火葬して納骨します。一部のペット霊園やお寺では戒名を付けることもできます。最近ではペット霊園も一般的になってきて、火葬の方法や納骨方法を選ぶことができます。
ペット霊園での火葬方法は3つあります。合同火葬と個別火葬と立会い火葬です。合同火葬とは、一度に数匹のペットを火葬する方法です。しかし、ペット霊園によっては豪壮火葬を行なっていない場合もあります。次に個別火葬は、ペットを単体で火葬する方法です。そして、立会火葬は実際に火葬までの間を立ち会うことができます。愛するペットに最後の別れをしたい時は立会火葬が良いでしょう。

火葬だけでなく納骨方法も選ぶことができるペット霊園もあります。個人墓、共同墓地、納骨堂の3つがあります。ペット霊園によってお墓の管理の仕方が変わります。そして
確認しておく必要があるのが、管理しておく期間です。この期間もペット霊園によって変わってきます。どんな形式で管理しているのか。自宅に連れて変えることが出来るのかなど確認していたほうがよいでしょう。